自律神経失調症


自律神経失調症でお悩みのあなたへ

ひびきのカイロプラクティックは、あなたの自然治癒力を呼び起こします

自律神経失調症でお困りの皆様に、

ひびきのカイロプラクティックからのアプローチ方法、

改善方法などをご紹介いたします。

自律神経失調症|北九州市若松区の整体|ひびきのカイロプラクティック

あなたのお困りの症状はどれですか?

 

不眠、冷え性、のぼせ、耳鳴り、めまい、

立ちくらみ、本態性高血圧症、

更年期障害、浮腫、腹痛、便秘、

月経異常、頭痛、咳嗽、鼻閉・鼻汁、

花粉症、アトピー性皮膚炎、

生活リズムの乱れ、ストレス軽減など


自律神経について

病気を引き起こすメカニズムを理解するには、

 

自律神経についての知識が必要になります。

 

自律神経とは、

 

「自分の意思とは関係なく、自動的に全身の臓器や器官などの働きを調節し、

 

生命活動を維持している神経」のことです。

 

 


自律神経失調症に対してひびきのカイロプラクティックができること

 

ひびきのカイロプラクティックは、

生体に備わっている自然治癒力の働きを促進します。

  

皮膚、筋肉・筋膜、

骨格、脊柱や骨盤、

四肢の関節、膝や股関節などの各関節、

神経、血液循環、消化器、

内分泌腺に関係する異常を

手技で調整することで、

様々な症状を改善させます。

 

そのため関節痛、肩こり、腰痛、

神経痛などに加え、

神経がコントロールしている筋肉や

様々な臓器の不調も改善します

 

特に神経の不調が関係する自律神経失調症、

便秘・胃のもたれなど内臓機能低下、

不眠症、冷え性、

生理痛、高血圧、

めまい、慢性疲労などの改善も期待できます。

 

 


ひびきのカイロプラクティックが自律神経失調症にきくわけ?

今回は、 ・心と体の不調状態「自律神経失調症」の改善にカイロプラクティックのすすめとは?

 

・取り換えの利かない唯一無二の自分の体

 

自律神経失調症は体からの危険サイン

 

・ひびきのカイロプラクティックの自律神経を整える施術のご紹介

 

・体のケアやメンテナンスのすすめ、のご説明です。

 

 


ひびきのカイロプラクティックの得意な施術は、自律神経を整えることです!

首と背中の神経伝達をスムースにする施術をすると、

自律神経のバランスが回復し始め、

身体本来が持っている回復機能が

再び目覚めてくれるのです、、、。

 

今回は、以下について説明します。

 

・ひびきのカイロプラクティック・整体の施術は?

 

・病名のない体調不良とは?

 

・カイロプラクティックは、自律神経失調症や鬱に効果があるの?

 

・身体の本来が持っている回復機能を目覚めさせるとは?

 

 


ひびきのカイロプラクティックの施術がなぜ自律神経失調症の方に効くのか?ワケとは?

自律神経失調症|北九州市若松区のカイロプラクティック・整体|ひびきのカイロプラクティック

自律神経失調症になぜ、  

ひびきのカイロプラクティック・整体が向いているのか

ご紹介します。

 

自律神経失調症の方にひびきのカイロプラクティック・整体が有効なワケとは?

 

・自律神経とは?

 

・自律神経失調症の原因と症状は?

 

・ひびきのカイロプラクティックにできること

 

・その改善方法は?などをお伝えします、、、。

 


自律神経のバランスを根本的から改善、整えたいなら、若松区のひびきのカイロプラクティックへご相談ください

対処療法とは、肩が痛い・辛いから肩を揉んで、

肩をマッサージして、腰が痛いから腰痛治療、というように、
皆さんが痛い・辛いと感じる場所に対して、
様々な手技療法で治るお手伝いをする療法のことです。
ひびきのカイロプラクティックでは、背骨を調整するだけ。
 
これだけで、どんな重症な方も劇的に改善しています。
対処療法はおこないません。必ず背骨【神経】と骨盤の調整を行います。

自律神経とは?

自律神経は身体中に張り巡らされた末梢神経の1つです。

内臓の動きや血管の拡張・収縮、呼吸、体温調節などの自分では自覚できない部分の調整をしてくれているものです。

 聞いたことがあるかも知れませんが、自律神経には種類が2つあります。交感神経と副交感神経ですね、、、。


自律神経がどのような仕組みでどんな働きをするのか?

交感神経は『クルマに例えるとアクセルの役割。

 身体はグングンアクティブな状態になる。

 血管がキュッと収縮し、血圧は上昇する。

 心身ともに緊張、興奮モードになる』のです。

 朝起きて、日中に仕事や遊びをする、、、。

 



自律神経失調症に対しての施術報告のご紹介


施術例 1 自律神経失調症、不眠症、仙骨の痛みでお悩みの50代女性

自律神経のバランスが崩れて、仙骨の痛みでお悩みの50代女性。 「便意が常にあって、 食べ過ぎてしまう。 」仕事が遅く、帰ってから洗濯や家事を済ませ、24時を回った頃からやっと自分の時間。 夜食?をストレスからか、お腹いっぱいになるまで食べないと気が済まない。 眠れない。 朝早く起きて、主人の食事の支度がある。 老後生活が不安。 老後生活のためお金の不安がある、、、。


施術例 2 自律神経失調症でお悩み60代女性

小倉北区からお越しの 自律神経失調症でお悩みの60代女性。 特に、「みぞおちの不快感」を訴えました。 案の定、座った姿勢を拝見すると、 【腰が丸くなって、胸椎が落ち込んでいました。】 そういう姿勢では、呼吸が浅くなって、 胃や肝臓が圧迫されて呼吸(息)が苦しいと思います。 呼吸が浅いということは、自律神経にも影響がでます、、、。


施術例 3 自律神経失調症、不眠、ストレスでお悩みの60代女性

60代女性 Tさん。 脳梗塞で、片麻痺(片側の手足が麻痺している)の病気を持っている方です。 また、現役バリバリに医師のお仕事をされています。 病気をして、今もしっかり働かれている事は、とてもすごいですね。 また、仕事だけでなく、母としてもしっかり子育てを行い、一生懸命頑張ってきた方です。 現在、仕事とリハビリに通われ、努力されています。 「不眠と過活動膀胱を少しでも良くしたい」 良くなりますか?との事でした、、、。


施術例 4 自律神経失調症、不眠症、頸椎ヘルニアで手術の後遺症、腰痛でお悩みの40代女性

24時間娘さんの介護をして、 【自律神経が弱く、乱れやすい】との相談がありました。 肩こり、疲れやすい、頭が常にぼーっとする。 睡眠薬飲んでも眠れない、甲状腺、冷え性、腰痛などなど。 4ヶ月前に、腕が上がらなくなり、頸椎ヘルニアの手術をした。 今でもしびれが残っている状態。 自律神経はとても乱れて、きつい状態です。 また、40代でまだお若いのに、 姿勢も悪く頸椎や腰椎にも負担がきていました。 神経症状まで出ていました。 色々頑張りすぎて、身体がついていけてない状況です。


施術例 5 自律神経の不調でお悩みの50代女性


施術例 6 自律神経でお悩みなら。 コラム 松本の過ごし方