北九州市若松区の仙骨の痛み、自律神経失調症、不眠症でお悩みの50代女性 その2

北九州市八幡西区・若松区の背骨をユルユルにして、神経の流れの回復させ、自然治癒力を高める【ひびきのカイロプラクティック】の松本です。 

『当院は、神経の流れを回復することが基本です❗️

背骨の動きが【ギシギシ】・背中が【カチカチ】では、神経の流れが悪くなり、自然治癒力が下がります。

最幸の背骨調整で、自然治癒力が高まり症状・痛みを軽減❗️』



背骨ケアで自然治癒力を高めたい方は、御気軽にご相談ください。



お電話でのご予約

TEL :080-3983-3111

Mail: hibikino.seitai@gmail.com

メールでのご連絡は、

「お問い合わせ」をご利用下さい。 御希望の日にちとお時間、お名前、連絡先をお知らせください。


 



昨日の続きです。

キーワードは、「仙骨の痛み」、「便意が常にある」などです。


仙骨周辺の痛みが意味するもの


症状を抑えること、

症状を治すことは同じでしょうか?


自分の体調がすぐれないとき、病院に行くとすれば皆様は何を期待していきますか?

患者様は症状にこだわります。

私たちは、症状にこだわりません。

とても理解することが難しいですが、

症状は良きサインです。


疲れてるよ、歪んでいるよ、何かこだわりすぎてるよ、かたよっているよ、と知らせてくれています。

疲れてるよは、内臓かもしれません❗️

脳が疲れているサインかもしれません❗️

実際、
頭を使いすぎている人もたくさんこられます。

目を使いすぎて頭痛がする人もたくさんきます。

内臓や頭は、寝ている時もけなげに働いてくれているのですよ。

大切にしてください。

歪んでいるよは、顔かもしれません。

目の位置かもしれません。

内臓の位置かもしれません。

バストの位置、おへその位置、男性器、足の親指小指などをご覧ください。あっちをむいていませんか?

食べ物や服、生き方、何かこだわりすぎていませんか?

甘い飲み物、タバコ、ギャンブル、セックス、薬、アルコール、化学調味料などかたよっていませんか?

症状を抑える事とは、ナンですか?

薬や湿布とかに頼ることです。薬も湿布も良いですが、他のことも考えてほしいものです。


症状を治すとは、根本原因(姿勢、食べ物、飲み物、働き方、対人ストレス、睡眠など)を患者自身で改善して、自然治癒力を高めることです。


自分自身が病気を治すのです。

自分の自然治癒力が治すのです!


根本原因を改善していくには、手間暇がかかります。

初めは面倒くさいかもしれません。が、急がば回れです。

次第に治っていくにつれてどんどん自分の意識が高くなり、体が快適な状態を求めだします。



手っ取り早く最も簡単な方法は、薬で症状をごまかすこと、抑えることです。

薬に安易に手を出すのは、一考が必要です。

痛みの連鎖を断ち切るために、一時的に使うのは有効だと考えています。



ちなみに、私は脊柱管狭窄症状や全身の痛みが酷い時でも、薬を服用しませんでした。

まだまだ薬に頼らないですむように心と体のケアをおこない、湿布に頼りませんでした。


例えば、高血圧の人は、何か根本原因があるから血圧を高くせざるをえない。

体が自然調節能力を発揮して高くして、全身に血液を流してくれているのです。感謝です。

それなのに、薬で血圧を低くおさえることを選ぶことは、根本原因は置き去りにしています。

根本原因を見つめ直さない限り、薬を使っていない元の本来の血圧はどんどん高くなるのではないでしょうか?

薬で抑えることで、どんどん強い薬に依存していくことに繋がるのではないでしょうか?

そうなると、どんどん全身に血液がいきわたりにくいということです。

多分、脳卒中脳梗塞とかが怖くて血圧を気にしているのでしょうが、

気にするところが違います。

根本原因を気にしてくださいね❗️



薬で血圧が下がって喜ぶことに、素直に喜べますか?

当店では、生活習慣の改善を説いています。

 
元に戻りますが、辛い症状を抑える事は大切ですが、病気を治す事ではないのです。



症状を抑えることと、病気を治すことは違うのです。



O様は、
まだまだ病気を呼び寄せたい、苦労したという深層心理があるのでしょうね。

いくら仕事を減らした方が良いですよ、姿勢を改善したほうが良いですよと、お伝えしても、無駄に終わりました。


いくらブレーキをかけるように言っても、本人が治したい気がないと、良い結果に繋がりませんでした。


自分の体より大切なものはないと思います。



環境要因や生活リズムの不安定などは自分の工夫次第で変えられます❗️



O様が訴えることと実際の工夫した時間、無理をした時間、睡眠時間やその質は必ずしも一致しません。



患者自身の不快な症状に対する認知様式やこだわりなどによって左右される場合も多いのです。

しかしながら、活動時間や睡眠の状態が覚醒時の不快感や倦怠感につながっているため、より全人的な接し方が必要となります。


カイロプラクティック療法としては、生活リズムの乱れやストレスなどからきている背骨の歪みを調節することはできますかもが、、、。



今回は、残念ながら良い結果に結びつきませんでした。

臨床でみたきたケースだけですが、
仙骨の痛みは、時間に追われている人にでることがあります。

常に時間に追われて、焦っていて、便もゆっくりする暇もない人にでることがあります。

お腹が垂れていて、骨盤という内臓をおさめる臓器に、脂肪がいっぱいいっぱいになって溢れ出して、お腹と腰のバランスがうまく保てなくて、仙骨という骨の周辺の筋肉に痛みが発生しています。

特に、時間に関して貧乏性の人にでるようです。

交感神経優位の生き方は、みていてつらいですね。

仙骨さんよ、ごめんよ!と謝って、いたわらなきゃ。


私たちは、毎日仙人になったつもりで、毎朝座禅を組んで、整えています。

私も仙骨が痛い時がありました。

私もついつい交感神経優位になりますから、毎日リセットを図ります。

毎日自分の体をリセットかけて、調節します。


毎朝、起きたら必ず、

「自分を生んでくれた母親、育ててくれた父親、いっぱい愛情を注いでくれた祖父母兄弟、地域の皆様、可愛がって頂いたお客様、最愛の息子」に感謝の気持ちを唱えて1日が始まります。

座禅、瞑想をしています。

心を落ち着かせ、プラスのエネルギーで満たし、幸せな波動をだします。


そうすることで1日の準備ができ、まだまだ未熟な私のたましいの事故を防げるような気がします。

セラピストとして、本気のモンキーで、


毎日を楽しんでいます!


いつもありがとうございます。

感謝致します。

皆様と調和をしていきていきます。


北九州市若松区の自律神経を整える

ひびきのカイロプラクティック

松本健佑

まだまだ
その3に続く