顎関節症、顎の痛み、歯の痛み


目次


Ⅰ 顎関節症、顎・歯の痛みとは


Ⅱ 施術報告


施術例 1 顎関節症でお悩みの男子中学生


施術例 2 顎関節症、ストレスからくる歯のかみ合わせ、うずくまるような歯の痛みでお悩みの30代女性


施術例 3 顎関節症でお悩みの30代女性


Ⅰ 顎関節症、顎・歯の痛みとは

首がずれたり、肩こりが強くなると顎や歯に痛みが出る方がいます。

歯が痛くて歯医者に行ったものの、歯には直接の問題はなく、

歯医者では問題がないと言われた、という方も多いかもしれません。

 

 

何度かなっている方であれば、その判別が出来ると思いますが、

初めてであれば、歯医者にいって「問題ないとは何事か?」と思いますよね。

ここを見ている方はそういう方が多いかもしれません。

 

 

何故顎や歯が痛くなるのか。

どんな影響で痛みが出ているのか。

どうすれば治っていくのか、という点について考えていきます。

 

 

まずはよく名前を聞く顎関節症から説明していきます。

顎関節症は、下顎骨といわれる下顎の骨が、本来はまっているところからズレる状態を指します。

耳の穴の前にある、俗に頬骨と言われる骨の真下に関節があります。

 

 

側頭骨という頭の側面の骨の凹んだ位置に、

下顎骨の飛び出た部分がはまることで顎関節を作っています。

顎関節症はその関節が亜脱臼のような状態を起こすことで、

痛みや音を鳴らしている状態になります。

 

 

通常であれば、その関節の中を転がれるのですが、

筋肉が固い場合にはその骨が筋肉に引っ張られることで、

転がり切れず、逃げるところが前にしかないため、亜脱臼になるわけです。

 

 

基本的に顎を動かす筋肉は、

下顎骨を上に持ち上げるものと、

顎を前・横に滑り出させる筋肉になります。

 

 

分かりやすく言うと、口を閉じる、歯をすり合わせる筋肉になります。

顎を後ろに引く筋肉は基本的にはあまりありません。

顎が正しい位置にあればそれ以上は後ろに引けません。

そのため、後に引く筋肉のではなく、前に出したのを通常の位置に戻す動きになります。

 

 

この筋肉

Ⅱ 施術報告

施術例 1 顎関節症でお悩みの男子中学生


施術例 2 顎関節症、ストレスからくる歯のかみ合わせ、うずくまるような歯の痛みでお悩みの30代女性


施術例 3 顎関節症でお悩みの30代女性