不眠症(睡眠障害)でお悩みのあなたへ


ひびきのカイロプラクティックでは、健康な体をつくること・強い身体を作ること、

しなやかな身体をつくること。

 

 

そういう考えで施術を行うので、

自然治癒力があがっていきます。

 

 

治すのは、あなたに備わっている神秘的な力。

 

 

それが「自然治癒力システム」というものです。

 

 

決して、私たちやドクターや薬剤師、看護師が治すのではありません。

 

 

あなたの困っているお悩みを治すのは、あなたです。

 

 

私たちは、カイロプラクティックや整体、

指圧、マッサージ、オステオパシー、

ヨガ、武道体操、食事管理などで

あなたの問題解決のお手伝いをします。

 

 

 


目次

1 不眠症の原因は?

2 病的な不眠症としてとらえるのは?

3 不眠症の治療


1 不眠症の原因は?

*不眠症は、睡眠障害の一部です。

 

 

不眠症は、「眠る時間や機会が十分にあるにもかかわらず、

入眠、睡眠の持続、質と量の問題が繰り返し起こり、

その結果、日中何らかの障害がもたされること」と定義されています。

 

 

この症状は何が原因で現れるのでしょう?

疲労、ストレス、食べ過ぎ・・・・色々な原因があります。

 

では、何故そのような症状が起きるのでしょうか。

それには、初めに自律神経というのを理解することが必要です。

①交感神経

交感神経は簡単に言うと、戦いの際に昂る神経です。

頭を興奮させ、体を戦いに向いた体に変更していきます。

瞳孔は開き、毛穴を締めて、表面の血管を引き締め、筋肉を固めます。

 

 

猫の喧嘩なんかを見ていると非常に分かりやすいですね。

目は大きく開き三角に吊り上がり、自分を強く大きく見せるために毛を逆立たせ。

攻撃をされても出血をしにくく、筋肉を固めて動きを活発にします。

 

 

さらに内面としては心臓は早く大きく動き、内臓の動きは悪く、

酸素を大量に吸収するため、器官や肺が多きく広がります。

 

 

酸素を沢山取り入れ、内臓の働きよりも、筋肉に栄養を沢山送り込むことで、

より持久力を高くして戦う必要があるんですね。

 

 

ただ、この状態が続くと身体は硬く動きの悪い身体になっていきます。

そして、交感神経はストレス下や、運動をしているときに昂ります。

ストレスの強い環境で働いていると、体が悪くなるというのはこういう影響なんですね。

 

 

ただし、活動しないといけない時はやはり、交感神経が強く働いてくれないといけません。

運動をしているのにこれがうまく働いてくれなければ、息苦しく、活動は非常にしにくいでしょう。

 

 

睡眠障害のみに限って言えば、交感神経は悪者かもしれませんが、

活動中はどうしても働いてくれないと頭も体もだらっとしてしまいます。

②副交感神経

副交感神経は、休息の時に強く反応する神経です。

頭をリラックスさせ、休息をとる体にしてくれます。

瞳孔は小さく、心臓はゆっくりと動き、内臓に血液を集中させ、呼吸を穏やかに、身体は脱力するように向けてくれます。

 

 

寝るときや、ご飯を食べた後はこの副交感神経が強く働きます。

食べたものを効率よく吸収するに体の活動を少なくして、内臓に血流を集中させるんですね。

食後に眠くなるのはそういうわけです。

 

 

本来、家のようなリラックスできる場所に居る場合にはこちらの神経が大きく働いてくれなければなりません。

でも、ストレスや活動が多すぎる場合には、常に上記の交感神経が強く働きすぎてしまうために眠れなくなります。

不眠症をなくすためにはこちらの働きをどんどん強くして、夜には眠れるようにしないといけません。

 

 

とはいえ、こちらの神経ばかりが強く働く場合には、交感神経と逆で非常に活動がしにくくなります。

眠くて眠くて仕方がない、身体に力が入りにくい、何もしていないのに疲れる。

やはり、バランスよく自律神経が切り替わってくれないといけないわけですね。


2 病的な不眠症としてとらえるのは?

精神的なストレスがかかると、一時的に眠れないことがあるのは上記の理由です。

 

 

身体的苦痛のときも眠れなくなるときがあるものの、

一時的なものであれば、

生理的な反応としての不眠であり、不眠症とはなりません。

 

 

問題なのは、

不眠の症状が週2回以上見られて、

なおかつそれが1か月以上続いたときに診断されます。

 

 

しかし、そうは言っても

患者本人は週1回でも眠れないと辛いものですね。

身体の不調や苦痛も、回復力が落ちているので、自律神経を整えて回復力を高めることで、改善に向かいます。

詳しくは種々症状ページをご参考下さいね。


3 不眠症の治療

不眠症分類(睡眠障害国際分類 (第二版ISD-2)2005をもとに)

 

Ⅰ不眠症

 1 適応障害性不眠症(急性不眠症)

 2 精神整理性不眠症

 3 逆説性不眠症

 4 特発性不眠症

 5 精神疾患による不眠症

 6 不適切な睡眠衛生

 7 小児期の行動的不眠症

 8 薬剤もしくは物質による不眠症

 9 身体疾患による不眠症

 10 物質あるいは既知の生理的条件によらない、

 特定不能の不眠症(非器質的不眠症、

 非器質性睡眠障害)

 11 特定不能の生理的(器質的)不眠症