下肢静脈瘤でお悩みの方へ


目次


Ⅰ 下肢静脈瘤とは?


Ⅱ 下肢静脈瘤になりやすい方?


Ⅲ 施術報告


Ⅲ-1 施術例 1  下肢静脈瘤でお悩みの30代男性


Ⅰ 下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤とは、

正常な脚の静脈では、

血液が重力に逆らい、

心臓に戻ってくるのですが、

静脈の中にある逆流防止をする、

弁の機能が障害されたり、

筋肉のポンプ作用が落ちたりして、

立っている状態では、

血液が逆流して下の方に戻ってしまい、

必要以上に血液が溜まり、

静脈にかかる圧力が高くなり、

瘤(こぶ)状に浮き出た状態を言います。

 

心臓から遠い位置にあるため、

下肢に静脈瘤が起こりやすいです。

 

身近な血管の疾患ですが、

通常は生命を脅かす危険はありません。

 

ですが、

見た目的に女性は悩むケースも多くあります。

 

 


Ⅱ 下肢静脈瘤になりやすい方?

下肢静脈瘤になりやすい方と言えば、

中高年の方、

立ち仕事の方、

妊娠、出産を経験された方、

肥満や運動不足の方など。

 

 

筋肉をあまり使わない、

立ちっぱなしの職業の方や、

高齢者で筋力が落ちたり、

妊娠して腹圧が上がると、

静脈の圧が高くなることで

女性の発生率も高くなっています。

 

Ⅲ-1 施術例 1  下肢静脈瘤でお悩みの30代男性