テキスト(カイロプラクティック・指圧・整体)

ひびきのカイロプラクティックでは、

技が5,000以上もあります。 

 


受け継がれた技や

秘技がたくさんたります。



そこで、お客様のセルフケアのために、

公開していきます。



動画やブログ、

テキストをご覧いただき、

御活用ください。



どうぞ

組み合わせてご利用ください。

 

 



カイロプラクティック

横臥位【側臥位】頚椎直接法2番〜7番

胸椎1番横臥位直接矯正法


指圧(浪越指圧)編

自己指圧資料

指圧 前頸部(仰臥位編)

1

浪越指圧では、前頸部から始まります。



2

首の前側を前頚部といいます。



前頚部を指圧することで、

全身の自律神経のバランスが整います。



血流が整い、

血圧も整います。



また、腰痛や猫背の方にも、

大変効果があります。



3

前頚部は、

長生きの秘訣です。



全ての人に大切な場所です。



4

詳しい前頚部の自己指圧は、

セルフケア動画をご覧くださいね。



5

耳鳴り、

めまい、

花粉症、

不眠症の方にもおススメです。



6

横臥位で基本は、行いますが、

応用編として、

仰臥位でもおこいます。







腰椎4番・5番など 直接持続圧矯正

例えば、
大きく右に変位した腰椎3番。


左膝が曲がらない。
右膝が曲がらないなど、
人によって膝痛の原因となる。


また、
膝だけでなく、
ふくらはぎ痛、
足底筋の炎症、
外反母趾など、
影響を及ぼす。


それらの原因となる腰椎3番の右側の変位を
股関節のテコを利用して
矯正を優しく行う。

側頭部・側頭骨矯正

全身を一本のネジとみる。


見る方向は、
足元から頭にかけてみる。


右ねじの法則みたいに、
たいていの人は、
右側に回ってしまっている。


右側頭部も前方に変位している。


その調整を、
持続圧で行う。


手根や手掌を使って行う。